夢のような夜・・・『十四代呑み比べ』

画像

 日本酒大好き、日本中あちこちへ行く仕事をしていて、日夜「「日本酒の探求」をしている知人がいる。彼から「山形へ行くならゼッタイここ!」と推薦をもらったのが『水鳥』。水鳥とは、サンズイ偏に酉(とり)・・・・、つまり、酒という字のアナグラム。この店名だけでも「イケそう!」。彼の評価では「日本の銘酒居酒屋ベスト3に入る」という。これは何としてでも行かなくては!と、山形到着3日目、満を持して出かけた。料理については別項に書くとして、まずはそこで呑んだ日本酒を。
この店は、「全国地酒処」と銘打っている通り、いろいろな地酒が豊富に用意してある。しかしお目当ては『十四代』だ!この店は『十四代』の高木酒造と昵懇ということで、品揃えが驚くほど豊富。今晩は「十四代呑み比べ」という夢の夜だ!
最初はグラス3つに3種の十四代が出てきた。左が『純米吟醸 愛山(あいやま・米の名)中取り 生詰』右が『純米吟醸 龍の落とし子 中取り 生詰』
初めて飲む十四代は「香りが爽やか(シナモン香とか軽いバナナ香)、甘みがかなりあるが、それが極めて上品。何より呑み終わった後の後口(キレ)が抜群にいい」。つまり、香り、味、後口の3つが過不足なくバランスよく保たれている・・・という感じ。
画像

3杯目は『吟醸 山田錦 吟撰 生詰』。シャンパンの『モエ・エ・シャンドン』にあるイースト菌香(香ばしいパンのような香り)を感じた。前の2つより味が濃厚になった感じで、呑む順番もこれで大正解。一緒に行った3人の女性たち(皆ノンベ)は、「これは凄い!」と、もはや言葉をなくしてうっとり。
画像

さらに『純米大吟醸 愛山 七垂二十貫 生詰』。七垂二十貫とは斗瓶囲いのこと。出来上がった酒を絞るとき、圧をかけず滴り落ちる分だけを集めたもので、いわば酒の「精髄」ともいうべき贅沢な酒。雑味がまったくなく、キレ抜群。幾らでも呑めそうでコワい(値段のことを考えて我慢・・・)
画像

次は『純米大吟醸 山田錦 秘蔵種5年』。メロンのような果実に近い甘くて爽やかな香り。この酒は余韻のある旨み(コク)をかなり感じた。マイナス8度で5年間保存してあるとのことなのだが、古酒っぽさはない。一緒に行った仲間の一人は「冷やおろし大好き派」なので、「これが一番いい!」と、お替りしていた。しーらないっと。自分で払ってよ(笑)
画像

呑んだ飲んだのみました・・・全部冷や(常温)で飲むので、グラスがいっぱい。
実はここに書いた酒以外にも、『鬼兜』(十四代蘭引蒸留酒 )というオーク樽に長期保存したリキュールや、『graceful』という酒とワインをミックスしたリキュールのテースティングをさせてもらった。「これ一本幾らぐらいになるんですか?」と聞くと、今のところ値段はつけられないそうですよ。つけるとすれば100万円・・・」と、冗談か本気かわからない答え。かなりビビったけけれど、このあたりはテイスティングにしてくれたらしく、お勘定には入っていなかった。
ホッ。一人1万円でおつりが来た。ありがとうございます・・・。
画像

『水鳥』のご主人、布施恵大(ふせながお)さんと。写真で見てもハンサムだけれど、実物はさらにいい男。美形にヨワい私は嬉しくって、ついついツーショットを撮りまくってヒンシュクを買いました・・・。スミマセン・・・
 『十四代』を『呑んで、日本酒の魅力はやはり『米の甘みと旨み』にあると思った。(ワインの魅力は酸味)。米の美味しさを極限まで引き出したのがいい酒なのだと実感。十四代はまさにそんな酒だった。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック