上海美味旅行(その3)上海市内

上海市内で美味しかったのは「包子(パオズ)」です。泊まっていたホテルが『豫園』の近くだったので、小龍包(ショウロンポー)で有名な『南翔饅頭店』へ」行きました。1900年創業のこの店は、とにかくいつも人が大行列しているので有名です。一人だったので、ほかの中国人と相席ということで何とか入れ、名物の「豚肉小龍包」「蟹入り」「蟹油(黄油)入り」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海美味旅行(その2) 周荘 朱家角

 今回は上海市内だけでなく、近郊の水郷、「周荘・朱家角」にも足を延ばしました(上海から70キロぐらい)。近代的な上海とはうって変わり、古い歴史の残る水郷で、果たしてどんな美味しいものに出会えるのか!  先ず、周荘の町で見つけたのは、ここの名物「万三蹄(ワンサンディー)」です。豚肉の足首の肉(厚い皮付き)をこってりと甘い味でつや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海美味旅行(その1)上海蟹

 ブログを見てくださっている皆様、はじめまして。『裕夫シェフの・・・』のブログの中でたびたび登場している、「ウチのカミサン」です。『裕夫シェフ』のブログではありますが、今回ゲストライターとして書かせていただきます。前回彼の文章(トマト鍋)にもありましたように、10月21日から25日までの5日間、中国の上海に「駆け込み万博取材」に行き、つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トマト鍋

数日前からカミサンがいなくなり一人になった。と言っても別に不幸があったのではない。上海万博へ仕事半分、楽しみ半分で出かけていったからだ。カミサンは3年ほど前、北京で単身1年間の語学留学を経験していて中国語の日常会話には困らない。僕もその1年間は一人暮らしをやっていたので一週間なんてノー・プロブレム。全く問題はない。 <冷蔵庫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹波の黒枝豆とポークビーンズ(レシピあり)

 長男のお嫁さんは神戸の人。その神戸のご実家も我が家以上の「美味しんぼ」で、お互いの地方の美味しいものを送りあうのが楽しみになっている。今年の秋も例年通り『丹波ささやま特産・黒枝豆』を枝つきのままダンボール1箱分送っていただいた。今夏の高温気象の影響で作柄があまり良くないらしいが、しかしその中でも選りすぐりを送って下さったようで枝豆好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶏の丸焼き(ローストチキン:レシピあり)

 友人から「11月になったら、鶏の丸焼き(ローストチキン)の料理法を教えてほしい」と頼まれた。もうクリスマス料理を考える頃になったのかと思いつつ、再確認のために焼いてみた <材料> 丸鶏(1.3キロ)、ジャガイモ、小玉ねぎ、マッシュルームなどの野菜類。 ①塩分7%のソミュール液に鶏を一昼夜漬けておく。(今回のソミュール液:水2.4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀杏

 名古屋近郊に祖父江町という所があって、ここは日本一の銀杏の生産地。ここに親戚がある友人がいて、季節になるとたくさん銀杏が届く。そのおすそ分けを毎年頂いている。今年もまた声をかけてもらって、イソイソと取りに伺った。この銀杏は親指の頭ぐらいある大粒のもので、さぞかし高いだろうと思うけれど、実は粒が大きすぎると流通経路に乗らず、はみ出し品に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茄子のフォンダン(レシピあり)

先日『なぐら茄子』という初めて聞く名前の茄子を頂いた。この茄子は直径10センチ、重さ550グラムもあり、ビックリするほどの大きさだ。愛知県の特産品で、まだ市場にはあまり出回っていないらしい。碧南の料理屋さん、『小伴天』の若いご主人が地元の食材の発掘に熱心で、たまたまラジオ番組のゲストに登場し、構成をやっているカミさんがこのなぐら茄子を頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家も『鍋開き』!(レシピあり)

秋も本格的になってきて『なべ』シーズンの到来といったところ。我が家の人気ナンバーワンは『鴨と水菜のハリハリ鍋』。関西の『鯨のハリハリ鍋』をヒントにしてそれをアレンジしたものだ。 水菜はたっぷりの量を用意したい。これぐらいかなと思った量の倍は食べてしまう。今回はキノコも用意したが省いてもOK。鍋につき物の白菜、人参などが以外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋になったら里芋を!(レシピあり)

暑かった夏もやっと去り、中秋の名月以降めっきり涼しくなった。見上げると夜空も澄んできて、月が輝いて見える。夏の疲れが出たのかこのところ料理意欲が減退し、ケイタリングも一段落したことからしばらくキッチンに立たなかったのだけれど、食欲の秋を控えてもう一度心構えを新たにしなくては・・・・と、本日は「月見て一杯」の献立。実を言うと僕はフランス料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏メニューを完了!秋モードに取り組みます!

 僕の知人で、長らく一流企業のキャリアウーマンとして活躍し、現在はその前歴を生かしてカウンセラーなどをしている女性がいる。(ブログ、<かれない薔薇>http://kiku11257.blog.so-net.ne.jp/)  先週の日曜、この女性のお連れ合いの還暦祝いパーティーがあり、、そのケイタリング依頼をいただいた。参加者は彼女が主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴーヤと白ワイン(レシピあり)

9月に入ったというのにこの暑さ、どうなってるんだろう。我が家のこの夏のアルコールは、白ワインの消費がグ~ンと伸びた。キリッと冷えた白ワインはビールとはまた違う清涼感がある。そこで夏を代表する野菜の『ゴーヤ』をワインに合うようにアレンジしてみた。今週、まだまだ2人とも仕事に追われていて、一緒にディナーを楽しむこともできない。夜10時過ぎに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノン・日本的アレンジ・本格中国家庭料理

ここ10日ほど本業のテレビドラマ(10月2日放送)の音響効果の仕事で大変忙しく、料理はおろか外食もままならなかった。今日も本来はスタジオに缶詰なのだが、久々に秋田から里帰りしてきている娘とカミサンが「中国人しか行かない中国料理店に行こう」と話しているのを聞き、どうしても行きたくなって、スタジオをちょっと抜け出して夕方合流した。我が家のカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

料理にも自主トレが必要

料理を作り始めたばかりのころは、作る料理の材料がきちんと揃っていないとよくパニクった。最近こそ、足らないものをほかの食材で補う技をおぼえたが、まだまだとっさの判断ができない。そんな料理のトレーニングとして時々やるのが「冷蔵庫にあるものだけで、晩御飯の食卓を作り上げる」という方法。特に、あんまりいい食材が残っていないときほど鍛えられる。先…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

真夏のケイタリングメニュー・(料理レシピあり)

先週、先々週と続けて2つのケイタリング依頼をもらった。人数は20名と14名。猛暑の折なので料理を運ぶのに工夫を要した。料理はできるだけシンプルに。そして盛り付けは涼しげにするよう気をつけた。料理内容は『暑気払いパーティー』をベースにしてコースメニューに構成した。 『前菜』 ホタテのソテーとフルーツの入った豆サラダ。夏はできるだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松阪牛の焼肉

お盆の墓参りに、両親の墓がある三重県の松阪市に行ってきた。お昼は最近チェーン展開して知られるようになった焼肉屋『一升びん本店』へ。実はここへ行くのが墓参りの楽しみだったりして。 『一升びん』の中ではここの本店が一番昔の面影を残している。焼肉だけは小じゃれた店よりチョッとすすけた感じの店のほうが美味しいような気がする。 この店には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷やし中華にはトマト!

連日猛暑続きのここ名古屋、今日のお昼は『冷し中華』。 ごく普通の冷し中華だけれど・・・上にのっているのはサニーレタス、蒸した鶏モモ、トマト、ミョウガ。麺の上にのせるものとして茗荷はちょっと珍しいかな?。夏の食材として茗荷は大のお気に入りなので、冷奴やそうめんの薬味だけでなく、こんな冷し中華などにも使う。それとトマトものせた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 初めて桂皮の実物を見た!(チョッパル料理レシピあり)

以前にケイタリングを頼まれたことのある中国人の女性から、帰省(湖北省武漢市)のお土産に、香辛料の八角と桂皮(シナモン)、そして中国茶の鉄観音をいただいた。 八角は中国料理のトンポーローなどを作るときによく使っているが、皮の状態のままの桂皮を見るのは初めてだ。 香辛料や食材を貰うとワクワクする。今回は桂皮(シナモン)を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑気払い~それなら『ガッツリとビーフステーキディナー』で!

連日猛暑日が続く8月初旬、「こうも暑いともうバテバテ。女性4人で暑気払いをしたいので、ディナーのケイタリングをお願い」とメールが入った。うーん、それならやっぱり牛肉だな。それも中途半端ではなく、しっかりと量が食べられるようなメニューがいいかも・・・・・。相手側と相談ののち、『ガッツリ食べるビーフステーキディナー』と決定 オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋田県・食の旅~最終回ーちゃんと出会いました!秋田の旨いお酒

今回の秋田旅行では、食べ物には文句ないのに、その料理とピッタリとくるお酒に出会っていない。それを挽回しようと  「秋田一の居酒屋」と評判の店に代行運転覚悟で出かけた。  「酒盃」(秋田市山王1-6-9 TEL018-863-1547 )    「最初のお膳(つき出し6種)」 左上から「バイ貝煮つけ」、「茄子のシギ焼き」、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more