テーマ:ケイタリング

秋のランチケイタリング

 東日本大震災の影響だと思うのだが、誰もがなんとなく自粛モードにはいっている感じで、今年4~9月ごろのケイタリングはとても少なかった。キャンセルもいくつかあった。「被災地のことを思うと楽しいことをするのははばかられる」という気持ちもわかるので、ここはひたすら僕のほうも我慢我慢・・・。でも、あまり自粛しすぎると経済活動も不活発になるのでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨年の思い出の皿

 今年も少しずつだがケイタリングの依頼が入り始めた。これからも様々な人々に食べていただくため、いつまでもノンダクレていないで(笑)そろそろメニュー作りを始めていこう 昨年のなかで印象に残っている思い出を、料理と共にいくつかご紹介。 12月の『やまほうし』という女性グループへのランチケイタリング。聞くことや話すことが不自由な聾唖の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はお誕生会。まだ飲み続けるよ! 

今日(1月2日)は僕の誕生日。昔は「お正月にまぎれて誕生会がいい加減」と、こんな正月中の誕生日が恨めしかったが、最近は「必ず休みでみんなが集まることができる日」ということで絶対に誕生会をやってもらえ、昔とは逆にこの日の誕生日がありがたいと思うようになった。例年のように、息子夫婦もプレゼントを用意してお祝いに来てくれた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モデルチェンジ!新メニューでケイタリング

 秋も深まり、僕のメニューも秋冬用にモデルチェンジ。チェンジ後最初のケイタリングの注文をいただいた。 ご主人の誕生会と、ご次男の結婚1周年記念というおめでたい会だ。ご夫妻と86歳のお母さん、ご長男とご次男夫婦あわせて6人分のケイタリング。20代、50代、80代という3世代に喜んでもらわなくてはならないというのは、なかなか難しい。しかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴨を初めて捌きました。さて結果は・・・?

 東海市で兼業農家を営んでいる知り合いの方から、「自分で捌くのなら、活きた鴨が手に入りますよ」と声をかけていただいて、大いに迷った。僕はこれまで鴨はむろん、活きた鶏も捌いたことはない。普段使っているのは処理済みされた肉ばかりだ。でもカミサンに「良い機会なので捌き方を覚えてしまったらどう。、これからは活きた鴨が入るルートができるわけだから…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

夏メニューを完了!秋モードに取り組みます!

 僕の知人で、長らく一流企業のキャリアウーマンとして活躍し、現在はその前歴を生かしてカウンセラーなどをしている女性がいる。(ブログ、<かれない薔薇>http://kiku11257.blog.so-net.ne.jp/)  先週の日曜、この女性のお連れ合いの還暦祝いパーティーがあり、、そのケイタリング依頼をいただいた。参加者は彼女が主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏のケイタリングメニュー・(料理レシピあり)

先週、先々週と続けて2つのケイタリング依頼をもらった。人数は20名と14名。猛暑の折なので料理を運ぶのに工夫を要した。料理はできるだけシンプルに。そして盛り付けは涼しげにするよう気をつけた。料理内容は『暑気払いパーティー』をベースにしてコースメニューに構成した。 『前菜』 ホタテのソテーとフルーツの入った豆サラダ。夏はできるだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑気払い~それなら『ガッツリとビーフステーキディナー』で!

連日猛暑日が続く8月初旬、「こうも暑いともうバテバテ。女性4人で暑気払いをしたいので、ディナーのケイタリングをお願い」とメールが入った。うーん、それならやっぱり牛肉だな。それも中途半端ではなく、しっかりと量が食べられるようなメニューがいいかも・・・・・。相手側と相談ののち、『ガッツリ食べるビーフステーキディナー』と決定 オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more