料理にも自主トレが必要

料理を作り始めたばかりのころは、作る料理の材料がきちんと揃っていないとよくパニクった。最近こそ、足らないものをほかの食材で補う技をおぼえたが、まだまだとっさの判断ができない。そんな料理のトレーニングとして時々やるのが「冷蔵庫にあるものだけで、晩御飯の食卓を作り上げる」という方法。特に、あんまりいい食材が残っていないときほど鍛えられる。先週末は、土曜日曜と泊りがけのケイタリングに行ったので、家の冷蔵庫(冷凍庫)にもロクなものが残っていなかった。j冷凍のささ身、ハムの切れ端、アボカド、ジャガイモ、ニンジン、トマト、オクラ、ブロッコリー、卵ぐらい。できるかな・・・・・・。で、今夜のチャレンジの結果は!?

画像


写真ではわかりにくいけれど左上からアボカドのサラダわさび醤油味、ジャガイモとトマト、ハムの入ったスペインオムレツ、鶏笹身の霜降り、オクラ、ブロッコリー、トマトのゼリー寄せ、キュウリドレッシング、焼きそば(写真外)
まあ何とか形になったと思う。特にゼリー寄せは彩りが美しく、よく冷して食べればこの暑い時期にピッタリ。ワインはミネラル味たっぷりのキリッとした『プイイ・フュメ』がよくあった。

<裕夫シェフのワン・コメント>
ゼリー寄せの野菜がゴジッと硬いのは興ざめ。「歯ざわりを残して・・」という事とは意味をはき違えていると思う。
むしろ柔らかめの方が野菜の美味しさが味わえると思う。 
ブロッコリーは小房に分けたら塩をふって20分、オクラは板刷りをして10分おく。お湯を沸かして塩を1つかみ入れて、ブロッコリーは3分半、オクラは2分茹でたら冷水にとって水気をきる。これで美味しく色も青々と茹で上がる。
 塩1つかみがポ・イ・ン・ト!多すぎると誰でもおもうだろうが、このぐらい入れないと野菜に適度な塩味がつかない。だまされたと思って、是非一度お試しを!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

しーのラクロス友達なつ
2010年08月30日 14:11
ひろおパパご無沙汰しております
しーからお話し聞きました♪とってもおいしそう♪
久しぶりにひろおパパの優しいお顔拝見とおいしい食事を頂きにいきたいです  楽しみながらますますイキイキしてくださいね
またブログお邪魔します

この記事へのトラックバック